新城ラリー2016参戦報告(松岡・坂口)組(第2部)

第2部、いよいよラリー本番。

早めに起きてペースノートチェック。
やはり所々修正あり。しかも長い!
結局SS1だけしかチェックできなかった…朝食もコンビニで買って行くが、ほとんど食べれず。

荷物番に来てくれた後輩に予定を説明して、とりあえずバタバタとスタート。そんな状態だったので気の利いたコメントも出来ずごめんなさい。

SS1 雁峰北。
TC前にについて、空気圧の調整とホイールナットの緩み確認…だけで普段は終わるはずが、あれ、エアゲージは?減衰は?工具の固定は?トーは?(嘘です)あ、予備電池忘れた。とバタバタバタバタ。

サービス無しだとこうなるんだなーと思いつつ、スタート。

ではいつも通り様子を見ながら徐々に…

…なんて言ってられるか!眠いオンボードはもういらない!
おら行くぞ!おら!
おお、1つめ意外にきつい。。このクレスト短くて危ねー!おらおら!

…はい、前に追いつきました。

ま、オープンだからね、しょうがない。気付くかなー?と思ってたら、結構早くに譲ってくれたので、15秒かからないくらいのロスで済んだ?

で、その後も初めてのタイヤ(サイズがね)をちゃんと使えるようにと頑張って走ってゴール。
トップの42秒落ち。キロ4秒くらい。汗
タイヤまだ行けそうだったしね。。
でもF1 ドライバーと7秒差。おお、ラップしなければ勝ってたかも!これは是非(ネタ的に)勝っておきたい!
あ、コバライネンさん、GT500チャンピオンおめでとうございます。

SS2 長篠設楽原。
ここノートのチェック出来てないんやけど…と思いながら着いたら、キャンセル。
ま、天気良いしねー。と思ったら佐藤さんが立ってる。ああ…奴田原さん、残念。
これは辛そう…だけど、こういう展開何度も経験してるのか…というのがやはり凄いなと思いつつ、レキ三回目をつつがなく完了。

SS3 鬼久保。
気分は山野哲也。(去年のオンボードを見てたので。)
でもサイドは引かない(相変わらず引けない)、1速は入れない(相変わらず壊れそう)。
ここもペースノートチェック出来てないけど…広いし山野哲也の気分だし大丈夫。
1つ目のギャラリーコーナーをサイド無しで失礼して、さすがにジムカーナスペックのタイヤは後半タレた気がしながらも無事ゴール。
トップから11秒差。キロ1.5秒。F1ドライバーまで4 秒。むむー…ていうか、JN2のBRZむっちゃ速くない??

1回目のサービス。30分しかない中、タイヤ交換して昼食も…食べれない気がするので、TC待ちの間に弁当を食す。「ラリーストの鏡だねー」と褒められ、よく分からないけどいい気分。
無事タイヤ交換を終えて、レッドブル飲んでサービスアウト。

img_6519 img_6517

SS4 公園。
歩いてペースノートなんて作れるわけないやんーと思いながら走る。(レキは歩いてだった。)
1つ目の左でホイールを縁石に引っ掛けてしまうが、無事ゴール。翼生え…
あら3番。でもトップのキロ2秒落ち。
おお…F1ドライバーに勝った!さすがにスタートは四駆有利なのか?車の差って言われたらタイムを車両購入価格で割って勝負しようと心に誓いました。
でも、若干トーが狂った?ステアリングセンターズレた。。んー。。左が危ない??

SS5 再び雁峰北。
前ゼッケンはさっき溝にはまってスローダウンしてたと言ってたけど、たぶん追いつくやろなぁ…でも前に行ってもその次いるし…とか考えてると、さっき引っ掛けた左フロントのタイヤが結構えぐれてる。。汗
あータイヤ高いのに!!交換しよう!…いやでもここで交換すると摩耗的に後が厳しい。。そのまま行くか。。
で、追いつくこととかすっかり忘れてスタート。
直後、まぶしっ!影になってコーナーよく見えん…と思ったら1つ目の右コーナーでいきなりコンクリートの壁に左前がクシュ…!泣
当たったー…翼生えかけたみたいけどコンクリートで止まった…涙
悲しみに打ちひしがれながらも走って行く…
はい、追いつきました。

一度譲ってくれたけど、ちょっと狭い…ここでさらに当てる訳には…と、ゆっくり抜けようとしたら、広いところまで行くということなのか今度はしばらく並走。結構遠かったね。。
てな感じで、ここはもうダメだなーとあまりタイヤ減らさないようにしてゴール。

当てたところに対してオフィシャルの反応が薄い。。普通くらいのダメージなんだろうか?もっと激しいのがいたんやろか?
とりあえずどこかで止まるか…なんかハンドルセンター戻ったな…で、止まって確認したらなんと無傷!!
抜群の横滑り角でタイヤだけ当てて、トー調整を完了したらしい。完璧だ!
追いついたことなんてもうどうでもいい。

SS6長篠設楽原。
TC待ちで、後ろの大橋さんに何かやった?と聞かれ、カクカクシカジカ。
やはり追いつくのはどうでも良くない。追いつく方も追いつかれる方も残念だし。

CROに言ってみれば?と教えてもらい、なるほど、電話して相談してみることに。
「もしもし、忙しいところすみません。57号車なんですけど、僕ら速すぎるみたいで…」
とは言わなかったと思うけど(コドラが電話してくれたので詳細不明)。
スタートを1分間遅らせてもらいました。本当ありがとうございます。

スタート。しばらくして左側の溝にハマる。イン側だから大きなダメージ、ロスほば無しで出てきたけど、なんか今日本当に左側危ないなー。
前半にきついコーナーがいくつかあるけど、1速入れない方針は堅持。
本線に合流のコーナーでは、グレートドライバー奴田原さんが見てる中、気分はおばちゃん。
「こんなきつい曲がり角ほんまいややわー。ハンドルようさん回さなあかんし、曲がりきれんかったらまた溝はまるやんか。」微速で無事クリア。さすがに1速入れました。曲がった後。

ま、後は頑張って走りました。
はい、追いつきました。すぐ譲ってもらいました。

トップの62秒落ち。キロ7秒差!
追いついたロスは20秒弱くらいだから、それでもキロ5秒。汗
はい、練習します。ここはF1ドライバーにちょっと届かなかったかな。

SS7 鬼久保
タイヤ替える?んー…さっき大丈夫やったし大丈夫。そのままにしてキャッツアイ気をつけよう。
よし、気合い入れて行くで!何、ビデオの電池がない?じゃあ決定的瞬間は避けることにするか。
全部忘れて結構頑張りました。…が、トップの9秒落ち。キロ1秒ちょっと。加減速の少ないところはそれくらいで走れるっぽいな。
コバライネンさんにも3秒届かず。1秒だけ縮まったけど。

サービスでタイヤ交換して、コンクリートの壁でトーが完璧にリペアされたことを確認。度々コンベックス貸して頂いてありがとうございます。

img_6522

少し時間あったので、朝ごはんに買ってたパスタを食べる。

オープン最後のセクションスタート。

SS8 公園。波乱は無し。4番。キロ2秒落ち。

SS9 長篠設楽原。
TCに向かう途中、結構日が傾いてて、西日が眩しい。そしてなぜかサングラスが車にあった。
昼間眩しくて当たったしな…装着!

今度はスタートを2分遅らせてもらいました。
重ね重ねありがとうございます。

スタートラインに並ぶ。

… … … 「暗いな。」…

しかし、娘が直す車を失う訳にはいかん、そのままスタート。

今度は追いつかないはず。コバライネン、コバライネン、コバライネン…

さっきの溝どこだっけ?(暗い)
でも無事通過。と思ったらギャップに飛ばされて刺さりそうに。(暗かった?)
止むを得ず1速入れようとするもすぐに入らない。ボロいし、しょうがない。おばちゃんの曲がり角も何事もなくクリア。
いまいち路面のうねりが見えない。(暗い)
西日が差し込んでるところを通過。グラサン完璧だ!
だんだんタイヤも使えてきたか?

で、ゴール。タイムは9分7秒。
ん?何々?もう一回。 7秒。
さっきは? 12秒。
早くなった? 早くなった、5秒。
だけ? だけ。
…さっき20秒くらいロスしてなかったっけ?
でもまあ、暗かったしね、グラサンで。
かけてて良かったよね?眩しかったし。
2秒間くらいね。
9分7秒のうちの2秒?
その他は自主的に暗かっただけってこと?

…うぉー、ばかばかばかばかばかばか、俺のバーカ!
せっかくの追いつかないチャンスだったのに、何やってんねんー!
車内にグラサンあったやと?捨てとけや!!
何かに頭ぶつけて、どこかにハマってひっそりと死んでしまいたい。。
あー、コバライネン。。36秒差。ですよねー。

最後のSS10 鬼久保。
「なかなか来ませんねー、何かあったんでしょうか?」のアナウンス。(前SSのスタート時刻が基準なので3分空いたまま)
「何もないわ!さっきと何もかわらへんわ!」と思わず呟く。(独り言です)

くそーおれ死んでまえー!でも娘が直す車は持って帰るぞ!の激走?の気分?
それでも、トップからやっぱり9秒差。コバライネンさんの2.5秒落ち。
ちっ、やっぱ変わらん、かーえろ。

で、無事終了。
皆様お疲れ様でしたー。ありがとございましたー。
一日中、同じところで立ってるオフィシャルの方もいらっしゃって本当にお疲れ様でした。

img_6524

優勝商品のお酒と柿と試供品シャンプーを受け取り、お酒は誰も飲まないということで、OP1優勝のコドラ大橋さんに一本差し上げ、柿は手伝いに来てくれた後輩含めた3人で分けて、帰りました。

img_6533

家へのお土産は途中寄ったサービスエリアにたまたまあった猫だんごを購入。
次郎柿は嫁好きらしく、お酒も「日本酒好きなのよね」と意外に好評。(授乳中だけど?)

レッドブル効果が完全に切れたところで、しばらく寝てから朝方帰宅。予定通り子供の検診にも間に合いました。

肝心のオンボードの出来栄えは、機会を伺いながら検証したいと思います。

今回のラリーもなんだかんだで楽しく走らせてもらったので大変良かったのですが、今回も(運転面で)雁峰をちゃんと走れなかった気がするので、速すぎてすみませんが来年も出たいと思います。

まだGC乗るのかなー。とりあえず車検取って冬の間はダートだな。

またしても長文失礼しました。読んで頂いてありがとうございます。

来年もNETの応援宜しくお願いします。
NETracing gc8_2

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

新城ラリー2016参戦報告(松岡・坂口)組(第1部)

8月のモントレー終了後、リザルトの分析をして自分を慰めつつ(いや、客観的に振り返ることは大事ですよ)、「ウダウダ言っとらんでタイム出して来いや!」と心の中で叫んでいる中、そのオンボードで瞬殺される娘を目の当たりにし、出場を決意した新城ラリー。

またまた長編になってしまいましたので、ヒマな人以外は読まないで下さい。

gc8_2

今回、傷心の生田さんは出ない。ということはどこかサービスしてくれるところを探さなきゃいけない。
車両規則もRBの記載がない。RFにしなきゃいけない。そもそもRFって何よ?
ってな感じで今年2戦目にも関わらず色々課題が。。

まず車。RFって何?から。色々聞いて回ってどうやらロールバーを追加すればそれで済むらしい。教えて頂いた皆さんありがとうございました。じゃあこれはシロクマに持ってって追加してもらおう。
タイヤはモントレーの反省を活かし、みんなと同じβ02 225/45R17を投入。在庫切れの中色々手配して頂いた皆さんありがとうございました。
しかしオープンは1日だけだから6本で済んで良かった。。10本も買ったら車両価格を軽く超えるじゃない。。汗

img_6516

次にサービス。
…モントレーの時はタイヤ交換すらしなかったし、サービス時もジャッキアップするか迷うくらいやったし…。
うむ、セルフサービスとする!1日だけやし。
ただし荷物番だけ探すかと愛知県在住の後輩に打診。まあ、都合がつかなければそれも無しでいいかな。

それではとりあえず参加申し込み。
WEB申し込みは楽なような面倒のような。安くなるから選択の余地はないんだけど。
サービス申し込み欄にも記入。ん?サービス責任者??

…松岡 …一号(仮名、実際にはちゃんと実名を記入しました)。

申し込みも完了して、車とドライバーの調子を整えないとと、いつも通り子供が寝た後、山に向かう。が、岩槻インターに向かう途中排気が漏れる不快な音が…

漏れてる?漏れてるよなー。トルクも細い気がするしなー。これで走りに行って意味あんのかなー。とインター入口で漏れてる箇所を探しつつ、スマホでも弱点を調べてタービンサポートパイプ?高いな…しかも自分で作業する時間ないなと悲しみに暮れつつ、行くかどうか迷ってるとなんか…眠い…

そのまま朝の6時まで寝るという…

起きて20分で帰宅し、嫁にどこまで行ってたのと聞かれて「岩槻インター」。

そのまま家の片付けをし、買い物に行き、夕方にシロクマへ車を持って行って、ロールバーの追加と排気漏れの修理を依頼。

暫くして、ラリー前恒例の衝撃シリーズ。タコ足パックリ割れてるよの連絡。ああ…貴重な財産がまた1つ…新品なんて買える(買う)わけないやん…涙が止まらない…でも中古の純正エキマニを安く譲ってもらえたので費用面では大変助かりました。ありがとうございました。

そしてラリー前週に受け取る。
往年のボクサーサウンドになってた。かっこいい…けど遅い…汗。
ま、新品のタコ足入れるという選択肢はないからしょうがない。

その夜、中古で譲ってもらった205/55R16のβ02で走ってみる。みんなこんなタイヤで走っとったんか!とセッティングを変更。Z2と03Gじゃセッティング変えなくても行けたのにこれは別物。走っといて良かったー。
なんか…Sタイヤよりグリップするって…不思議な状況になってますね。。

ちなみにこの時はモントレーで飛んでった後、2ヶ月後にはまた同じ車を手に入れてるという若者が一緒に行ってくれたので楽しかったです。いつも1人でクマとイノシシとシカに怯えながら(クマは出会ったことないけど)走ってるので。

ついつい遅くなり朝6時に帰宅。
それから家の片付け、タイヤ発送、オイル交換、ブレーキの交換等最後の整備。昼間は時間が制限されるので結局深夜に作業。後はエキマニの遮熱板待ち。また寝る時間が…リポD飲んで寝る。翌日会社でもモンスターエナジー注入。

木曜日、そそくさと早めに帰ってきて、遮熱板をディーラーに取りに行って付けて荷造り。ジャッキ、テント、発電機、タイヤ4本、スペア部品、工具…5ナンバーセダン、なかなか載りよる。載らないと困る。

23時就寝、1:30起床。2時過ぎに出発。
新東名抜群に便利。5時半サービス会場到着。

ちなみに丸坊主(このタイヤ、どこからそう呼ぶのか微妙ですが…)のβ02、振動もノイズもなく高速が抜群に快適でした。
荷物満載も相まって気分はアウディ。あくまでイメージです。
振動少ないのは横溝がなく、段付き磨耗しないかららしいですけどね。なるほどー。

ということで、暗闇の中、大量の荷物を降ろしてレキ開始。オープンは3本のみ。結構楽チン。

いやー、天気が良くて良かった。気持ちいい。
でもこれはラリー荒れるなー。と昼食買ってサービス会場に戻る。

そして車検の準備とテントの設営。

この辺から早くも怪しくなってくる。。

何が起こったわけではないが、なんか時間がない。タイヤを受け取り、車検も無事完了。
ブレーキフルードを交換して(家では間に合わなかったので)、フロントのトーを確認。
…しようとしたらコンベックス忘れた。

借りてきて(神大の皆さんありがとうございました。)確認したらそれなりにトーアウト。うーん…1人で測ってるとずれるのかねぇ。
と調整をしてみるが、なぜかここからハマる。
タイロッドを回してもなぜかあまり変わらない。一回転回しても1mmしか変化しない。

なんだなんだと悩んでるうちにセレモニアルスタートへ。サービスを散らかしたまま行く。

セレモニアルスタートではいっぱい人が。子供が。
自分に子供ができると人の子もかわいい。。
ラリーはこれがいいよなーとハイタッチ。

そして開会式が始まるまで少し時間があったので、トーの調整。んー…分からん。
西尾さんに相談してみるも分からん。
とりあえず開会式。

世界の人「お前クルマ壊すなよー、子供に僕が直すクルマ無くなっちゃったーって言われないようにしろよー。笑」「僕じゃなくて私です。」
そんな事でも声をかけてもらえると嬉しいです。
13043554_853365721452049_1306291579248050378_n

開会式後も駐車場から出るのに並んでいるので、また調整。結局感度は悪いまま、調整完了。
ホームセンターへゴミ袋とイスを買いに行って、サービスに戻って片付け。

そして宿に着いたのは20:00。
温泉入って夕食。
そしてプリンを食べてペースノートのチェック…のはずが、不本意ながらここで限界。お休みなさい。
コドラはチェックしてくれてました。ありがとうございます。

(第2部へ続く。。)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

新城ラリー&JAFCUPダートラの速報

この土日に行われたイベントの速報です!

新城ラリーに参戦した、松岡・坂口組 オープン2クラス優勝!
各SSタイムもトップ10に食い込む走りの連続!
オープンクラスは土曜日だけの走行でしたが、総合13位相当でゴールしました!

後日、参戦記をアップする予定ですので、お楽しみに!

gc8_2

そして日曜日、今庄では「JAFカップオールジャパンダートトライアル」が開催されました!
CSRTクラブ員が参戦しました!
いずれもSA-2クラス
 大竹選手 8位
 雑賀選手 18位
 人見(雅)選手 23位
 人見(浩)選手 25位

参戦された関係者の皆様、お疲れ様でした!

NETracing

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

CSRT(クラックショットレーシングチーム)クラブ員の参戦速報

美浜サーキットで行われました「2016年JMRC西日本ジムカーナフェスティバルin中部」に、近畿ミドルシリーズGT-4WDクラス年間3位となった森橋選手が参戦しました!

結果は、4位入賞!
おめでとうございます\(^o^)/

14611109_1145778032169054_6886098934423107686_n

まずは速報でお知らせいたします!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第37回神大ラリーinかんなべ参戦報告(北村・古川)組(本番編)

第三部、いよいよ本番編。
長くてごめんなさい……(滝汗)

本番から遡ること2週間前、西尾ガレージにて原田さんと会う。

原田さん「お疲れさん」
北村「原田さん!お疲れ様です!来週のハイランドに来られますか?」
原田さん「いや、来週は行かんで。再来週行くで。」
北村「……えっ?!」
原田さん「笑いに行くで( ゚∀゚ )」
北村「ちょwwww」
・・・・・・
・・・・
・・

生田さんからも、

生田さん「いっぱい声かけといたから( ´∀`)」
北村「ちょwwww」

みたいなことをハイランドで言われました。。
生田さん。。。
プレッシャーをかけないでください・・・。゚(゚ノД`゚)゚。
でもサービスが賑わうのは心強いので、逆に楽しみにもなっていました……!

時間は戻り、神大ラリー本番当日。
目が覚める北村。
周りは暗い。
時計を確認する。
まだ午前3時。
となりでブローオフを鳴らす大竹さん。
夢の中でイメトレをしていらっしゃるのだろう。。
また眠る北村。。。

朝、アラームで目が覚める。

大竹さん「寝れんかったわ……」
北村「でも大竹さん、めっちゃいびきかいて爆睡してましたよ笑」

大竹さん、やはりあなどれない……!

美味しい朝ごはんを食べて、荷造りをする。
生田さんから、大竹さんを弱らせるために納豆を食べさせたら?とアドバイスを頂いたが、残念ながら納豆は出なかった…(´・ω・`)。

サービスパークに到着し、荷物の整理をしていると西尾監督、原田さん、大竹さんのお子様と生田さんご夫妻が到着。

原田さん「笑いに来たで( ゚∀゚)」
北村「ありがとうございます笑」

テントを立てサービス設営。
すると、

馬瀬さん「おはようございまぁす( ゚∀゚ )」
北村「あれっ?!!馬瀬さん!おはようございます!どうされたんですか!?」
馬瀬さん「笑いに来た( ゚∀゚ )」
北村「ちょwwww」
・・・・・・
・・・・
・・

この方々は…笑
緊張してた想いなんて馬鹿らしくなってきました。
皆様は僕たちの緊張を解そうとしてくださったに違いない……!(羨望の眼差し)
サービスでまったりしながらスタートまで雑談。

そうだ!と思いだし、ステッカーを貼り始める北村。
西尾監督が用意してくださったステッカーを左右のCピラーに張ることに。
ステッカーを張ったことない北村は恐る恐る貼ろうとする。

西尾さん「……ぁあっ、じれったいっ!(ビシッ、バシッ」

あっという間に貼ってしまう西尾監督。。。
ありがとうございます…m(_ _;)m

のほほんとしたサービスの中、だんだん緊張してくる北村。

西尾さん「もしかして、2人とも緊張してるんちゃうやろな~?」
北村「めっちゃ緊張してます…。」
大竹さん「そら緊張してますよぉ~、ボクシロートなんですから。
     今日全然寝れてないんですから~( 。-ω-)」
北村「大竹さん、めっちゃいびきかいて寝てましたよwww」
・・・・・・
・・・・
・・

朝のサービス時間が終わり、いよいよスタート時間に。
レッドブルを空ける北村。
レッドブルを飲んでも空は飛ばないようにと気持ちを引き締める。
車に乗り込み大竹さんと、サービスパークではなく林道内で会わないように!と約束し、発進しようとすると、

古川さん「あっ!ちょっと待って!!」
北村「えっ?!」

外に飛び出す古川さん。

古川さん「忘れてた~( -`Д´-;A)」
北村「ハンスwww」

危ない危ない、安全装備はしっかりね。

スタートTCでカードを受け取り、いざ出陣…!

image

SS1 Okuyama Tokose = 4.97KM
少し狭いターマックステージ、路面はドライ。
万が一と用意していたA053のタイヤを使用。
ブロックがあるラリータイヤなのになかなか剛性が高い。
しかしラリータイヤで舗装の練習をしてこなかったので侵入で探り気味に走ってしまった。
今思えばもう少し突っ込めたと思う。。。
ブレーキを早く踏み過ぎて、コーナー進入前にアクセルを一度踏んでしまったりともったいない走りをしていた。
終始、進入時のフロントタイヤの感触を確かめる走りとなってしまいそのままゴール。
トップの1.7秒落ちの2位。。
う~ん、やっぱりタイヤの感触を探った走りが原因だと反省。

SS1が終わりSS2に向かう途中、ザッパァーーーーー、と猛烈な雨が。
ふと頭によぎる西尾監督と原田さんの会話。

西尾さん「当日雨が降らないとええけどなぁ…」
原田さん「雨が降ったらテント片して帰りましょう。
     生田くん残して。」
北村「(生田さん……)」

サービス会場は雨が降りませんように…!と祈る北村。
サービスの皆様も気持ちよく作業できるように、やはりサービス会場は晴れていて欲しいと自分もサービスをしていて思います。

SS2のTC前に着き、古川さんに西尾監督から電話が。
会話の内容はトップの豊田さんとのタイム差と履いているタイヤを聞いていました。
どうやら豊田さんは92Rを履いてこられた模様。
タイヤの差やから問題ないとのこと。

北村「(でも舗装区間で離されたら後半で巻き返さないと……(((;゚Д゚))))」

とその時は西尾監督の真意に気付けず四苦八苦と悶々する北村。。
でも気にかけてくださっているのだ、気を付けて走り切ろう!と気を引き締める北村。

おそらく西尾監督が言いたかったことは、走り方にあまり差は無くて差が出たのはタイヤだから、このままの調子で行けばええで、とのことだったと思います。

SS2 Okuyama Tokose = 4.97KM
SS1と同じコース、路面は先ほどの大雨でウェット。
路面もコーナーの所々にイン側の土を掻き出してマッドになっていた。
SS1でタイヤの感触に慣れ、若干流しながらの侵入でも怖くなくなり、アクセルも踏めるようになった。
ブレーキポイントは流石に路面が濡れているせいかグリップが悪くなっており、若干のタイムダウン。
泥のせいでドリドリしながらもトラクションをかけるため立ち上がりは全開。
結果は2位と5.9秒差をつけトップ。
他の方々は路面が滑るようになって怖かったと言っていたが、アホの子北村は「ん?そうでした?」みたいな感じで答えていました(;´Д`)
途中右コーナー立ち上がりで何かを跳ねて(おそらく岩)、左リヤから、カンッ!と音が鳴ったが、走っていてアライメントに狂いもなく、バーストの気配が無かったのでタイヤで掻き上げてホイールハウス内に当たった音だと思い、その時は気にしていなかった。
大竹さんも無事走っていらっしゃるようで一安心。
しかし次からグラベル、大竹さんの真骨頂が見られる…!

トップで折り返し、サービスイン。
次はグラベルとのことで減衰調整の為車から飛び出し、減衰調整をする北村。
すると左リヤのタイヤが外れていない。。
なんとホイールナットが3本変形しており、インパクトのソケットが入らなくなっていたのだ。
良く見るとホイールの真ん中に「えぐられた」様な傷が。

北村「(このままタイヤ交換ができない…、とりあえずリヤはA053で行くか?!)」

と焦って悶える北村Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
そこに西尾監督がやってきて、「やっとくき準備しとき!」と声をかけてくださった。
我に返り減衰調整を完了させ、同時に左リヤのホイールナットを外してくださる西尾監督。
12角のソケットを叩きこみ、ホイールナットを成型し直してくださったのだ。

もしSSの合間にタイヤ交換が必要なら使いや、と12角のソケットまで渡してくださった。
本当にありがとうございます。
ホイールナットが3本変形し、ホイールも傷だらけになり、それでも走れたのは運が良かったとのこと。
危なかった……(((;´・ω・`)))

14731322_674390929386312_2821421586752876267_n img_4393

タイヤはここで87RWを選択。
最終SSが舗装だが、タイヤ交換の時間が無い可能性があるため、スペアに舗装用ラリータイヤは用意しなかった。

サービスでレッドブルを投入しつつ、西尾監督と大竹さんと作戦会議。
二人ともいつもの調子で行ってきぃや!と声をかけられ、

大竹さん「ボクシロートやからなぁ~」
北村「タヌキ……(ボソッ)
大竹さん「タヌキってなんやねんwww」

とのほほんとしたサービスを過ごす。

途中ECUのセッティングをグラベル用にしていないことを思い出し、慌ててPCを取り出す北村。

西尾さん「信ちゃん何しとんの?」
北村「いえ、コンピュータを書き換えようと思って」
西尾さん「そんなん、そのままで行きや」
北村「え、でも…(´・ω・`;A)アセアセ」
・・・・・・
・・・・
・・

グラベル用だと今のセッティングよりアクセルレスポンスが強くなり、かなりピーキーになり、最終SSのターマックで危ないとのこと。
ピーキーにしたところでグラベルがもの凄く速くなるわけやないからそのままで行きや、とのことでした。
確かに、最終SSも考えるとここはそのままが良いか、、、いや、グラベル2本あるし、、、と悶々としたが、結局は今のセッティングのままで行くことに。

サービスで英気を養い、サービスアウト、いざグラベルのSS3へ!

img_4406

SS3 Tochimoto = 5.74KM
グラベルSS、といっても序盤は舗装とグラベルのミックス、中盤はヌタヌタのグラベル、終盤はガレたグラベル道といったタフなSS。
雨も降り、少し滑る路面でした。
タイヤが87RWに変わり、A053に比べてヨレるヨレる。。。
探り探りブレーキとアクセルを踏む。
グラベル区間に入り、アクセルを踏み、リヤが出たらアクセルを戻して入れ直す。
右足だけで頑張ってブレーキとアクセルを踏み踏み。。。
・・・・・・
・・・・
・・

何事もなくゴール。
途中荒ぶるワイパーとウォッシャー……。

%e8%8d%92%e3%81%b6%e3%82%8b%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc

え、直したはずなのに…?
本番2週間前の古川さんとの練習でワイパーが勝手に動きウォッシャー液が全開で出る症状が再発してしまいました。
コンビネーションスイッチを交換して直ったと思ったのに。。。
まぁ雨が降っていたから良かったものの、ウォッシャー液はちょっと前が見づらかった。。。

タイムは、トップと8.6秒差の4位。。。。
その時は気付きませんでしたが、タイムの原因は後述で説明します。。
大竹さんが2位に食い込み、これが全日本ドライバーか!と感動を覚えつつ焦り始める北村。
しかし大竹さん、アライメントが狂いハンドルが45度傾いて直進するようになってしまった模様。
さらに右フロントのホイールにもダメージが。
ガレた終盤セクションでダメージを受けたとのこと。
北村がオロオロしてると、

大竹さん「走ってたら気にする暇も無いからね、無茶せんように走るよ。」

とのこと。
大竹さん、どうか御無事で……。

大竹さんと会話が終わり、リエゾン区間で先ほどのSS3の反省をする北村。

北村「(アクセルレスポンスが悪い…、
これはおそらく舗装用のECUセッティングだからだ…)」
北村「(アクセルを抜いて入れ直すとパワーが出るまでにラグがある…)」
北村「(…ん?だったらアクセル抜かなければ良いんじゃね?)」

このとき北村に電流走る―――!

アホの子北村、アクセル踏みっぱ作戦を敢行することを決意。
リエゾン区間でワイパーが無駄に動かぬようヒューズを抜く。
ウォッシャー液はどうやら空っぽになったみたい。。。

SS4 Tochimoto = 5.74KM
ワイパーのヒューズを刺し、いざSS4へ。
タイヤの感覚は先ほどのSS3で分かった。
ヨレを気にせず舗装区間を走りグラベル区間へ。
グラベル区間では侵入ではきちんと減速し、アクセルを踏みっぱ、リヤが出始めたら左足ブレーキを使いリヤの動きを抑制、コースに車を残しながら走りました。
これが功を奏し、走っててもなかなか気持ちが良い走りに。
もっとアクセルを踏めそうだったなぁと今では思います。
ガレ区間もアクセル全開。
SS3で負けた分を少しでも取り戻したいと、車を壊さないと思われるマージンを取りながら踏んで行く。
結果は、2位に5.8秒差のトップ、SS3から約20秒(約キロ4秒)のタイムアップ!
……なんだこれ?
タイム上がり過ぎでしょ……(滝汗)
てかSS3、アクセル踏まな過ぎでしょ……!
サービスに戻った時にも西尾監督から「アクセル踏んでいなかったやろ」と。。
その通りです……(;´Д`)

SS3ではアクセル操作で車を曲げようとしていたのですが、それが悪手だったようです。
今回のセッティングでは、アクセル踏みっぱの左足ブレーキでリヤの動きを抑制するのが正解だったようです。
確かに安全に走れてアクセルを踏む時間も多かったと思います。
さらにしっかり減速もできていたので、奥巻きコーナーでも一か所を除き良い立ち上がりができていたと思います。

リエゾン区間、大竹さんから電話が。。。
古川さんに電話をとってもらうことに。
どうやらタイロッドが破断した模様。。。
コースから落ちかけたが何とか復帰し、ゴールまで走りきり、そこでリタイヤとのこと。。
ガレ区間でやられてしまわれたらしいです。。
大竹さん……。
大竹さんから「頑張ってね!」と激を頂き、最終SS5へ向かいました…!

SS5 Okuyama Tokose = 4.97KM
セクション1の舗装SSと一緒のコース。
路面はウェット、タイヤは87RW。
少しヨレが気になるが、走る。
セクション1と若干挙動が異なるため、そこで探り探りとなってしまったようです。
結果は、2位と1.2秒差のトップ。
まだまだイケたと思うが、これが自分の今の実力なのだろうと納得する。

サービスに戻り、再車検を実施、パルクフェルメに車両を停め、サービスの皆様の下に…!

image4

今回のラリーは昨年11月以来の約1年ぶりの大会でした。
実はもっと参戦予定だったのですが、お金が無くなる事件が多すぎて、なかなか出場できませんでした。。。
今回の神大ラリーも直前でスキップするつもりだったのですが、生田さんに背中を押され、西尾監督にはやっぱり出場することを見透かされていました笑

舗装もグラベルも走れて、それに合わせたセッティングを悶々と考えるのはやっぱり楽しかった。
特にタイヤ選択は本番中も終始考えました。
正解が無い中でのラリーは自分の「地力」というか経験値がモノを言うんだと思いました。
北村も今回のラリーで経験値の低さを痛感しました。
それはタイヤが変わった時に、探り探りな走りになったことでしたし、いつもと違うセッティングに対し、そのセッティングに合わせた走りができなかったことでした。
それがコーナー2つや3つですぐに適応できたら良いのに、そのSS中ずっと同じ走りになってしまっていたのが経験値が低かったのかなぁと思い返してみます。
「速く走れるにはどうしたら良いのか」、というのは走る前の練習時や、本番前にも考えることですが、それは本番のSS中でも常に考えながら走り、「適応」していかないといけないと思いました。
そういったことに気付けるのも本番ならではのことだと思い、練習では感じれなかったことだと思います。
そういうの全て合わせて、ラリーって楽しいと再認識しました。
これから経験値をもっと高めて、もっと精進していきます。

img_20161023_235509 img_20161023_154538

最後になりましたが、主催者の皆様、エントラントの皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした、とても楽しいラリーを開催してくださりありがとうございました。
西尾監督、原田さん、生田さんご夫妻、馬瀬さん、大竹さん息子様、サービス大変ありがとうございました、笑いに来てくださり本当にありがとうございます、緊張がほぐれました!
ON!さんの皆様、会場では色々励ましのお言葉や相談ごとに乗ってくださりありがとうございました!とても心強かったです。
雨の中、リエゾンで手を振っていただいた皆様、撮影されていた皆様、ありがとうございました。
そして大竹さん、林さん、終始楽しく走れたのはお二人様のおかげです、またご機会があればご一緒に走りたいです!
古川さん、コドラありがとうございました、困った時に色々相談に乗ってくださりありがとうございました!
鮫島さん優勝おめでとうございます!また練習に行きましょうね!

2016第37回神大ラリーinかんなべのNET Racing Rally Teamのダイジェストを作成しました。
大竹さんの分も入っています。

次戦は来シーズンになる予定ですが、大竹さんとダートラ場に行きたいと思っております。
大竹さん、またよろしくお願いします!

長々と失礼しました。
これからも全日本で活躍されているNET Racing Teamの皆様の応援をどうかよろしくお願いします!
ではでは、バイバイ。

おまけ:
サービス撤収時の1コマ。

北村「西尾さん!サービスありがとうございました!」
西尾さん「ええでええで、カニ10杯でええき」
北村「じゅ…10っ?!わ、わかりました…(震え声)((;゚Д゚))」
林さん「たしかこの辺りのカニは1杯2万円くらいするで」
北村「?!」

表彰式前、スラムダンクのみっちゃんの真似をしようとしている大竹さんを撮ろうとして気付かれて振り向かれた図。
img_20161023_155529

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第37回神大ラリーinかんなべ参戦報告(北村・古川)組(レッキ編)

第二部、いよいよレッキ編。
実はまだ第三部が控えております…(滝汗)

前日の金曜の晩に会社の同期に手伝って貰い、ステッカー張りを行う。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e8%b2%bc%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

これで少しは見た目良くなったかな?

10/22土曜日
レッキ受付は11時から、自分の住んでいる場所からは約5時間かかるので、朝5時頃出発。
途中古川さんと合流し、兵庫の神鍋まで走る。

兵庫県に降り立ち、道の駅神鍋高原へ向かう。
道中「黒枝豆」なるものが所々露店販売されていました。
実がすごく大きく、全国市場にあまり出回らないらしいです…!
北村の住んでいる寮では火が使えないので、茹でることができないので買うのを諦める。。。
また近くを走った時に買ってみようかな…。

道の駅神鍋高原へ到着。
大竹さんはすでに到着済み。

北村「おはようございます!すいません、遅くなりました。」
大竹さん「おはようさん。ボクもさっき着いたところやで。」
北村「何時頃に着いたのですか?」
大竹さん「9時半頃」
北村「めっちゃ早いじゃないですかwww」
・・・・・・
・・・・
・・

のほほんとした会話をしつつ、レッキの準備をする。
コースは舗装とグラベルがあるので、舗装のレッキ時には道中履いてきたZ2で行き、グラベルレッキ時に一度サービス会場に戻りA053に履き替えることに。
ゆっくりとレッキがしたかったので最後尾でスタート。

舗装道は基本路面は乾いているが、落ち葉と苔が所々地面に見受けられた。
路面が乾いている場合はZ2が速そうだと思うが、落ち葉や苔にタイヤが乗った場合のことを考えるとグラベルタイヤで走った方が安全に踏めそうだなぁ…、とイメージしながらレッキをする。
レッキ2本目も車を何回か停めて入念にチェックする。

舗装レッキが終わり一度サービスパークに戻りタイヤ交換をし、グラベルコースへ。

グラベルコースは走ってみて少しドキドキしました。。。
前半は舗装道と硬いグラベル路面のミックスでした。
そして中盤から路面がヌタヌタになり、水たまりも残っている路面、終盤は硬い路面に水が流れて風化しガレがすごい道でした。

レッキ中、
北村「左右4、、、、奥右3、、、20、、、(あれ、この突起って…)、、、ジャンプ、、、」
古川さん「……ジャンプ?!」
北村「……はい、ジャンプ、、、笑」
・・・・・・
・・・・
・・

ジャンプがあるような道でした笑
大竹さんはレッキ二本目、このジャンプでコドラが天井に頭を打ち記憶を無くした(頭をぶつけたことを覚えていない)そうです笑

サービスパークに戻り、大竹さんと作戦会議。
北村「大竹さん、やばいっすね、この道、ガレッガレですね…(゚Д゚;)」
大竹さん「信ちゃん、あかんで、ボク怖いで…(-Д-;)
     ボクシロートなんやからほんまあかんで……。」
北村「でも大竹さんならメッチャ踏んで行くんですよね?」
大竹さん「アホ言いなさんな笑」
・・・・・・
・・・・
・・

大竹さんと本番の道のことを話しつつ、明日の朝一本目のタイヤの準備やスロットルの調整等、本番に向けて準備を行う。
西尾監督と生田さんは本番の日曜朝に来て下さることに。
西尾監督が停められる場所を確保しつつ荷物をまとめて宿へ移動しました。

宿に到着し、荷物をほどきご飯を食べに大広間へ。
料理は鍋料理、野菜がてんこ盛りでお肉もあり、焼き魚(鮎?でしょうか、今度西尾監督に聞いてみます)もあり、とっても美味しかったです。

img_20161022_184322 img_20161022_184433

ご飯をたべ終わり、レッキの確認をすることに。
北村と大竹さん、それぞれのPCを使いレッキの内容を再確認する。

大竹さん「(北村のレッキを確認しながら)……なんや、結構入念にチェックしとるんやなぁ、、、。ボクらはそんなにしとらんかったよなぁ、林くん」
林さん「でもレッキも人それぞれと言いますし」
北村「僕は結構ゆっくり見るタイプですし…、大竹さんはどんなんだったんですか?」
大竹さん「ボクはシロートやし、そんなに何度もやらんかったんけどなぁ…」
・・・・・・
・・・・
・・

北村のレッキの確認中、後ろの方で大竹さんがレッキの確認を開始。

カラカラカラカカラ……、ガランガラン……、ガラガラガラガラ……!

……んっ?!(゚Д゚;)

ガラガラガラガラ、フゥイーーン、プシュゥーーー……

えっ?!えっ!?(゚Д゚;≡; ゚Д゚)

なんか聞こえる…。
古川さんとのレッキの確認が終わり大竹さんのレッキの確認に混ざることに。

img_20161022_204634

ノンストップでレッキ2本目をする大竹さん。
しかもスイスイッっとリズム良くノートの確認をしていく。

ふと頭によぎる、以前話を聞いた全日本ラリードライバーのレッキの様子。
全日本ラリードライバーのレッキはノンストップで確認をする。
しかもかなりハイペースで確認をし、ハンドル舵角の確認等を行う。
まさにその姿がここにあった……!

北村はすっかり忘れていた。。。
大竹さんは、全日本ドライバーだと……!
それに前回のラリーで大竹さんは総合優勝をしている…!(TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジカップ併催2016 ラリー in 安芸高田)

焦る北村、、、焦燥の渦に巻き込まれていく…。

北村「……大竹さん、レッキのペース速いですね、、、。本当に初めてのノート作りなんですか…?」
大竹さん「ホンマに初めてやって…。ボクはシロートなんやから」
北村「(絶対嘘だ…笑)」
・・・・・・
・・・・
・・

大竹さんとやいのやいのと揉め、北村は大竹さんの認識を改める。

北村「……このタヌキっ!(ノД`)」
大竹さん「タヌキってなんやねんwww(* >∀<)」

北村は大竹さんのただならぬラリーセンスに感動と感激を覚えました。
同時に、とても緊張してしまいました。。。


北村「(大竹さん、明日は負けませんよ…!」

緊張で焦る北村、車を無事に走らせることも重要だが、明日はそうは言っていられないかもしれない……!
その後大竹さんとGRBでコンビニに行き、足回りの良さにさらに感動する北村。
荷重のかかり方や動きが助手席に乗っててもわかる。。。
これは凄い…。
ますます混乱する北村。。。

大竹さん「ボク、シロートやから」

そんなこと言われながら、やいのやいのと騒ぎ夜が更けていきました。。。
緊張して布団に入り、いよいよ本番当日に…!

ここまでがレッキ編です笑
次回本番編、またお時間ある時に読んでください。

ではではバイバイ。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第37回神大ラリーinかんなべ参戦報告(北村・古川)組(準備編)

こんにちは。
北村信と申します。
初めましての方は初めまして。
お久しぶりの方はお久しぶりです!

今年からNET Racing Rally Teamの一員として活動させて頂いています。
私は2014年から愛知へ就職のため引っ越しておりまして、それ以前は北海道のしがない学生でした。
そんな中、なぜ西尾監督とお知り合いになれたかと言いますと、北海道に住んでいた頃に学生ラリーを行っていまして、そこで渡辺潤さんとお知り合いになりました。愛知に移り住んだ後に、自分の当時乗っていたGC8(?)の調子が悪くなり、潤さんのご紹介で西尾ガレージをご紹介頂きました。
そこで大変お世話になり、全日本のサービス等で西尾監督の所へお邪魔しに行ったりしておりました。
当時は全日本のエントラントの皆様が走行中の時に西尾監督の所へお邪魔しに行き、エントラントの皆様がサービスで帰ってきた時には北村がいなくなっているという状況が何回かありまして、西尾監督が「信くんがきてたんやで」という話をしても、エントラントの皆様は「信くんって、だれ?」みたいな状況があったらしいです笑
そんなこともあり、自分のGC8を乗り換えようと思った所で、西尾監督に相談したところ、ニシオガレージ製のGDBをお譲りくださることに。
その時に実は目頭が熱くなってしまったことは内緒です。。。笑

そんなこんなで憧れのGDB(しかも西尾ガレージ製!)に乗ることになりまして、私の中部でのラリー活動が始まりました!

GDBに乗り始めた時に、GC8との剛性やトラクションの違いに驚きました。
何もかもが次元が異なっていました。
挙動の一つ一つが手に取る様にわかりました。やりたいことができる車というのを初めて乗りました。
車の運転が楽しくて仕方がなかったです。

2015年に中部地方戦、長野県戦、近畿地方戦の3戦に出場しました。
その時に見つけた課題を冬に北海道へ帰省した際に猛特訓し、中部に帰ってからも雪を探しに徹夜で群馬県に練習に行ったり(その時はさすがに監督に「しぬで」と言われました笑)しました。

2016年シーズンの計画を練ろうと画策してた際に、一本の電話が北村の運命を変えることに…!

茨城へ徹夜で車を走らせ横嶋さんと合流。
色々あり、横嶋さんのGDBをお譲り頂くことに…!
以前まで乗っていた北村のGDBとは全く違うレスポンス。。。
まずは慣れるところから…!
そして始まる北村の2016年…!

とはならず、乗り換えて早々家出する4速。。。
そんな、、、これから仲良くなっていこうよって時に、「あなたとはやっていけません!」みたいな、、、orz
ガードが外れて引きずるような音がしました。。
ビックリしました(◎_◎;)

後日、4速と仲直りしてNET Racing Team皆様とタカタサーキット&ダートラ場に!
そこで北村は衝撃的な人物とお会いすることに…!
西尾ガレージで何回か見たことがある白いGRB、しかしドライバーとはお会いしたことはなかった。
その持ち主である、大竹大先生!
タカタサーキットで初めてお会いしました。
北村は徹夜でタカタサーキットに行きヘロヘロだったので1日目のサーキットではあまりお話しすることができませんでした。
次の日のダートラ場で大竹さんとお話ししたり、GRBの横に乗らせて頂いたりしました。
全日本ダートラ選手と車の速さにただただ舌を巻くばかり…!
初めて体感する走りを経験することができたとても貴重な時間でした!
大竹さんありがとうございました!

しかしその会合が後に北村を追い詰めることになるとは、当時の北村は思いもよらなかった。。。

若狭ラリーで大竹さんと再会し、その次の日の朝の会話で、

生田さん「スッ…(`・ω・´;)」
北村「笑
   納豆ありがとうございます(*´∇`)」
大竹さん「ボクのも食べてええで( ̄ω ̄)」
西尾さん「えっ?!大竹くん納豆食べへんの?」
大竹さん「納豆とか(ピーーーーーーー(規制)—–)じゃないですか、ボクは食べられへんのですよ、西尾さんも食べへんのですよね?」
西尾さん「それがね大竹くん、納豆美味しいんやで」
大竹さん「ぇえええええっ?!!」
・・・・・・・
・・・・
・・

みたいな会話が続き、若狭ラリー2日目が過ぎました(詳細は生田さんの若狭ラリー参戦報告にて)。

時は過ぎ、生田さんと中村さんと練習にご一緒させて頂き、徐々に車に慣れてきました。
モントレー前にはだいぶ運転に慣れてきてました。

モントレーのサービスの合間でまったりしてると、一緒に来てくださっていた古川さんとの会話で、

古川さん「そういえば信くん、今年の神大ラリーはグラベルらしいよ」
北村「えっ?!どんな道ですか?(0゜・∀・)ワクワク」
古川さん「昔キャッスルラリーで使われてた神鍋のグラベルらしいですよ」
西尾さん「神鍋って、たしか11月に蟹が解禁になるんよね、、、ええやん信ちゃん、サービスしちゃるき蟹買うてや(-ω-)」
古川さん「たしか神大ラリーは10月ですよ」
西尾さん・北村「あかんやん笑」
・・・・・・
・・・・
・・

西尾監督と生田さんにサービスを、古川さんにコドラをお願いすることができ、北村も目標ができたので、準備を始めることに…!

ここまで読んでくださった皆様、「まだ準備が始まってないのかよ!」とお思いでしょう。
すいません、これから準備です笑

本番はグラベルがあるということで、グラベルの練習に…!
実はそこでトラブルがあり、車を入院することになってしまいました。。。

北村「(ダメだ、、、神大ラリー諦めよう…)」
生田さんにメッセージを送る。
北村「(北村が)今シーズン終了のお知らせ」
生田さん「ダメ( ・ω・)」
北村「え”っ?!」
・・・・・・
・・・・
・・

生田さんに、「せっかく練習してきたのに、今年出ないのはもったいないなぁ~と、……(以下北村への発破)」と背中を押して頂きました。。。
諦めようと思っていたのですが、生田さんのお言葉、お気遣いがとても嬉しかったです…!
お金が…、なんて言っている場合じゃないです…!(ゴゴゴ…)
すぐに西尾監督に連絡し、

北村「西尾さん!僕やっぱり頑張って神大ラリーでます!」
西尾さん「うん、そうしぃや。それに大竹くんも出るみたいやし」
北村「え”っ?!」

西尾監督は僕が出ることを見抜いていたのかもしれません。
今となってはわかりませんが…。
それよりも僕は大竹大先生が出場されることにビックリしてました。

そうなんです、大竹さんはTOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジカップ併催
2016 ラリー in 安芸高田でオーバーオールをとって優勝していました。
期待のラリーストなんです!(北村主観)
大竹さんが出場し、一緒に走れることもあり、神大ラリーがとてもとても楽しみになってきました!
そしてなんとなくですが、大竹さんとどこまで勝負できるかな?!というのにもすごく楽しみになっていました!

しかし北村はその時、楽しみの気持ちが反転し焦燥の渦に巻き込まれていくことになろうとは思いもしなかった……。

車は入院中だが、それでもできることがあると、タイヤの組み替えに西尾ガレージへ。

%e8%bb%bd%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e7%a9%8d%e3%81%bf

友達から軽トラを借りて持ってるタイヤから使えそうなタイヤを全部積み、西尾監督と相談し、本番で使うタイヤを準備しました。
この時に準備したタイヤは、235/45R17のZ2(ノーマル)と205/65R15の87RWでした。

次週車が退院し、その晩に古川さんとペースノート合わせに。
色々意見がぶつかり、とても充実した夜を過ごせました。
しかしその時、ワイパーが突然動きだし、ウォッシャー液が全開で出てくることに…!
その日は雨が降っていたので、フロントガラスに傷がつくこともなかったので良かったのですが、すぐにヤフオクでコンビネーションスイッチを落札、交換をしました。
その時はワイパーは動かなくなり、直ったと一安心しました。

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%a4 %e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81

さらに次週、全日本ラリーハイランドへ…。
生田さんの走りや考えを聞き、自分だったらどうするか?と感化され、だんだん神大ラリーが楽しみに…!
ハイランドの宿で神大OBの方とお話しする機会があり、道の状況を聞けました。
舗装区間も少し落ち葉や泥があるかもしれないとのこと。
ハイランド終了後、急きょ舗装用ラリータイヤとして215/65R15のA053を用意しました。
205/65R15の92Rも持っていたのですが、泥や落ち葉もありマッディーな路面ならブロックタイヤの方が良いと判断しました。

できることはやった。
車を入院させてしまい、その間は練習できなかったけど、それは自分のせい。
できることをやるだけ。
後悔をしないラリーにするために準備が完了しました…!
タイヤを積み込みいざ神大ラリーへ…!

gdb%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4

次回、「2016年第37回神大ラリーinかんなべ参戦報告(北村・古川)組(レッキ編)」
お時間ある時にまた読んでやってください!

ではではバイバイ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

「M.C.S.C. ラリーハイランドマスターズ2016」参戦報告(生田・馬瀬)組

今回、ハイランド参戦にあたりご協力いただきました各社様、ありがとうございました。
馬瀬さん、タイムが出ない中、いろいろアドバイスいただき、ありがとうございました。
西尾監督、後藤先生、野田さん、信くん、古川さん、サービスありがとうございました。

img_0464 img_0474
野田さん撮影です。なんか暗い顔してますね(汗)

DAY1
「応援してください!」と書いておきながら、「ほな、応援したろか!」と思えるタイムで走れない自分が情けない。
SS1は、並列駐車してバックしたり、オーバースピードで左コーナー入ったり・・・
SS3は、右3をこれもオーバースピードで左前が落ちたけど、ちょうど脇の地面が上ってくる所で運良く戻れて・・・
馬瀬さんからは「終始ツッコミすぎ!」と指摘。
コーナー進入の車の向きが変わるのが遅いからアクセル踏めてないようです。

昼のサービスで減衰調整して・・・
SS4~6では向きが変わるようになって、午前中よりは良い感じで走ってる感じがしたが、タイムガタ落ち_| ̄|○
このときは、もうどう走ったら良いのか、頭はパニック状態(泣)

SS6外撮り 山田さん撮影です

馬瀬さんは「曲がりやすくなったが、足の限界が低くなってアクセル踏めてない」と・・・
監督から「基本に忠実に走る!大脳で走ったらアカン!」とアドバイスをいただき、早々にパルクフェルメに車を入れて宿へ。
ん?大脳?(大汗)

img_0493 img_0495
野田さん撮影です。悲しい背中です(泣)

反省会
DAY2のノート合わせが終わって、布団にもたれかかったら、いつの間にか寝落ちてた(汗)
ふと目が覚めると、馬瀬さんと信くんがDAY1のインカーを見ながら、どうしたら良いのかを話していた。
本音を聞きたかったので、寝たふりして話を聞いていた(苦笑)
なんか若狭のSS1のインカーまで見てたね(滝汗)
二人の話を聞きながら申し訳ない気持ちが溢れてきて、一筋の涙が・・・って泣いてませんよ。アクビしたのです(笑)
で、そろそろ寝ようという雰囲気になって「風邪引きますよ!」と起こしてもらって・・・
それから少し、こんな感じで走ってみれば?と信くんと話をして・・・(たぶん、監督も起きてたんじゃないかな?(^_^;)
チームブログを更新して、就寝

DAY2
朝一のサービスで、セッティングについて話し合い、たぶん信くんのアドバイスから若狭のセッティングに戻す。
監督から「今まで出来てることやから、出来ないことないねん!出来るねん!」と激励!
そして後藤先生登場!
昨夜の傷心ブログを読んで、かなり心配していただいたようで?
「高山ラーメン食べに来たら、なんかやってたから寄ってみた」と言うので、ついでに体をほぐしていただきました(笑)
施術が始まります。監督からも「ググッと踏めるようにしといて!」と注文が入ります。
みんなとワーワー言いながら、ふと「あれ?俺、今なんか励まされてる?」と(汗)
今までやってきたことを信じて。今の自分に出来ること、アドバイスいただいたことを思い出して・・・(あれ?これっていつものDAY2パターン_| ̄|○ )

img_0502 img_0504
野田さん撮影です。昨日より元気になった?

SS7は、「えっ~!」ってことが2回ありましたが、昨日とは違う感覚で、「おっ!踏んでるやん!」と自分でも思うほどで、昨日の鬱憤をはらしました!
SS8は、なんか...牛牧が好き(笑)
SS9は、スタート直後、ペースノートを聞きながらも、頭で自分でイメージを作っちゃって、最初の橋渡る所までのイメージが思ったより早く来すぎて、序盤リズムを崩す。「冷静に、冷静に」と中盤以降、持ち直す。

サービスに戻ると、高山ラーメン食べに行ったはずの後藤先生の姿が!
「監督が昼も頼むわ!って言うからさ~」って(汗)ありがとうございます!
午前中の状況を報告して、少しセッティングを変えて、残り3つ。
「タイムを出して終ろう!」と監督から指令。

SS10は10.6秒アップ、SS11は1.5秒アップ、SS12は7秒アップ!
「午前中、なにしとってん!」と自分でツッコみました_| ̄|○
最終サービスで監督から「最後は、まあまあや!」と及第点をいただきました。
「この感じのまま、次のラリー出たい所やね~」と言われましたが・・・新城出ません。
今年最後のラリーは、棚ぼたのクラス7位でした。

img_0520 img_0523
野田さん撮影です

goal
山田さん撮影です。私、カメラにまったく気付かず(汗)

今回のラリーは一人劇場でしたね_| ̄|○
モントレーからの悪い流れを、やっとDAY2の後半で上向きに出来たかな?
でも、今回はモントレー後の練習が出来ない辛さを痛感しました(泣)
監督に「ぶつけて修理出したら走られへんから、その時間がもったいないなぁ~」と言われ、ガッツリ頷くしかなかった。

今回の車検で「きれいに直るもんやね~」と言われ、タイヤチェックで「まだバンパー取れてないやん!」と言われイジられる(泣)
でも、1年ぶりに無傷・・・ちゃうわ!バンパーちょっと割ったわ_| ̄|○
久しぶりに微破で終われました(汗)

いつも応援していただいている中田さん(改めて名前をお聞きしてしまい失礼しました)。私が「新城出ない」とのブログを見て、前日遅くまで仕事のあとに、ハイランドに来たって聞いて、本当にありがたいです。
また、馬瀬さんが各所でステッカーを配っていただき、「いいのもらった~」って喜んでもらって逆に「俺で、すみません(汗)」って言いたくなる。
ハイランドは、スペクテイターとの距離が近いので、こちらとしても楽しい。
DAY1は凹みながらリエゾンを走ってる中、沿道でカメラを構え、手を振ってくれるスペクテイターにどれほど元気をもらったことか。
今回は宿でお会いした山田さん親子と、リエゾンで撮影されていた葛山さんから写真や動画をいただきました。ありがとうございます!

img_4360 img_4364
葛山さん撮影です。

いろいろありましたが、「やっぱりラリーは楽しい!」

来年はどうなるのか予定は未定ですが、「来年はイカ食べたいな~」と監督がずいぶん前に言ったので、「ほな、行こか!」と行ってもらえるように、少し早いシーズンオフは練習します。
平民クラスを脱出するために・・・(笑)

ハイランドマスターズ2016関係者の皆様、お疲れ様でした。

GRB2016

スポンサーver2

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

第37回神大ラリー 結果速報

曇りから時折ザーっと雨の降る中、2台は頑張りました!

5号車 北村、古川組 DE-6クラス優勝しました^o^
image

6号車 大竹、林組はSS4のゴールまで辿り着きましたが、タイロッドとドラシャにダメージを受け、残念ながらリタイアとなりました。
img_4428

各クルーから参戦記が届くのを楽しみにしましょう!

神大ラリー関係者の皆様、お疲れ様でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第37回神大ラリー サービス

SS2本走ってサービスに戻って来ました^o^

5号車 トップ!
6号車 5位!

残り3本!
監督から「このままの調子で!」

img_4406

img_4413

更新直後から写真がさかさまでした。失礼しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ