ANDテクニカルツアー2012(横嶋編)

「経験は、最良の教師である。ただし、授業料が高過ぎる。」
女性関係でなくラリー関係で痛いほど理解しているつもりだったのだが(笑) 
またである。  

2回目でこんな内容の参戦記を書くなんて・・・

横嶋・久村組にとって大きな山が立ちはだかったラリーでした。

いや、実際気が付いたら目の前には山があり、正面から衝突しました。

SS4 4.3キロ地点 (多分)
久村「右6~3 ジャンクション!」 はっきり聞こえた。
横嶋「うん??ジャンクション???どこが??」これが僕の心の声・・・
   無意識でSS1と同じラインを取ってコーナーに進入していた・・・
  ※SS1はここを順走にてジャンクションを直線で「右6 ストレート80」になっていた

そして 視界に入った目の前のY字の山肌へ一直線!ガッシャーン!!乗り上げて左壁へ・・
クラッシュ後 (インカーでチャックすると)
横嶋「こんなの・・・みえね~よ」と叫ぶ
久村「大丈夫ですか?」

逆ですよね・・普通(反省)

降りしきる雨の中、競技終了を待って車を回収。監督のキャラバンにてゴール会場まで牽引。その後は、麓の「自動車屋」を紹介してもらい、人間は監督のサンダーバード号で京都へ。現在は陸送にて西尾ガレージに向かっている。

今回のサービスも「西尾監督、大竹さん、中村さん」がサポートしてくれた。サービス会場・スタート会場・ゴール会場と全く違う。本当に助かりました。申し訳ない。。。
サービスを受ける競技車は3台。東組はSS1で・・・横嶋組はSS4で・・・
さすが「ジローさん優勝おめでとうございます!!」
東君!!!京丹後、頑張ろう!!! いや、頑張り過ぎもアカン!!(お互いね)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>