第37回神大ラリーinかんなべ参戦報告(北村・古川)組(レッキ編)

第二部、いよいよレッキ編。
実はまだ第三部が控えております…(滝汗)

前日の金曜の晩に会社の同期に手伝って貰い、ステッカー張りを行う。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e8%b2%bc%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

これで少しは見た目良くなったかな?

10/22土曜日
レッキ受付は11時から、自分の住んでいる場所からは約5時間かかるので、朝5時頃出発。
途中古川さんと合流し、兵庫の神鍋まで走る。

兵庫県に降り立ち、道の駅神鍋高原へ向かう。
道中「黒枝豆」なるものが所々露店販売されていました。
実がすごく大きく、全国市場にあまり出回らないらしいです…!
北村の住んでいる寮では火が使えないので、茹でることができないので買うのを諦める。。。
また近くを走った時に買ってみようかな…。

道の駅神鍋高原へ到着。
大竹さんはすでに到着済み。

北村「おはようございます!すいません、遅くなりました。」
大竹さん「おはようさん。ボクもさっき着いたところやで。」
北村「何時頃に着いたのですか?」
大竹さん「9時半頃」
北村「めっちゃ早いじゃないですかwww」
・・・・・・
・・・・
・・

のほほんとした会話をしつつ、レッキの準備をする。
コースは舗装とグラベルがあるので、舗装のレッキ時には道中履いてきたZ2で行き、グラベルレッキ時に一度サービス会場に戻りA053に履き替えることに。
ゆっくりとレッキがしたかったので最後尾でスタート。

舗装道は基本路面は乾いているが、落ち葉と苔が所々地面に見受けられた。
路面が乾いている場合はZ2が速そうだと思うが、落ち葉や苔にタイヤが乗った場合のことを考えるとグラベルタイヤで走った方が安全に踏めそうだなぁ…、とイメージしながらレッキをする。
レッキ2本目も車を何回か停めて入念にチェックする。

舗装レッキが終わり一度サービスパークに戻りタイヤ交換をし、グラベルコースへ。

グラベルコースは走ってみて少しドキドキしました。。。
前半は舗装道と硬いグラベル路面のミックスでした。
そして中盤から路面がヌタヌタになり、水たまりも残っている路面、終盤は硬い路面に水が流れて風化しガレがすごい道でした。

レッキ中、
北村「左右4、、、、奥右3、、、20、、、(あれ、この突起って…)、、、ジャンプ、、、」
古川さん「……ジャンプ?!」
北村「……はい、ジャンプ、、、笑」
・・・・・・
・・・・
・・

ジャンプがあるような道でした笑
大竹さんはレッキ二本目、このジャンプでコドラが天井に頭を打ち記憶を無くした(頭をぶつけたことを覚えていない)そうです笑

サービスパークに戻り、大竹さんと作戦会議。
北村「大竹さん、やばいっすね、この道、ガレッガレですね…(゚Д゚;)」
大竹さん「信ちゃん、あかんで、ボク怖いで…(-Д-;)
     ボクシロートなんやからほんまあかんで……。」
北村「でも大竹さんならメッチャ踏んで行くんですよね?」
大竹さん「アホ言いなさんな笑」
・・・・・・
・・・・
・・

大竹さんと本番の道のことを話しつつ、明日の朝一本目のタイヤの準備やスロットルの調整等、本番に向けて準備を行う。
西尾監督と生田さんは本番の日曜朝に来て下さることに。
西尾監督が停められる場所を確保しつつ荷物をまとめて宿へ移動しました。

宿に到着し、荷物をほどきご飯を食べに大広間へ。
料理は鍋料理、野菜がてんこ盛りでお肉もあり、焼き魚(鮎?でしょうか、今度西尾監督に聞いてみます)もあり、とっても美味しかったです。

img_20161022_184322 img_20161022_184433

ご飯をたべ終わり、レッキの確認をすることに。
北村と大竹さん、それぞれのPCを使いレッキの内容を再確認する。

大竹さん「(北村のレッキを確認しながら)……なんや、結構入念にチェックしとるんやなぁ、、、。ボクらはそんなにしとらんかったよなぁ、林くん」
林さん「でもレッキも人それぞれと言いますし」
北村「僕は結構ゆっくり見るタイプですし…、大竹さんはどんなんだったんですか?」
大竹さん「ボクはシロートやし、そんなに何度もやらんかったんけどなぁ…」
・・・・・・
・・・・
・・

北村のレッキの確認中、後ろの方で大竹さんがレッキの確認を開始。

カラカラカラカカラ……、ガランガラン……、ガラガラガラガラ……!

……んっ?!(゚Д゚;)

ガラガラガラガラ、フゥイーーン、プシュゥーーー……

えっ?!えっ!?(゚Д゚;≡; ゚Д゚)

なんか聞こえる…。
古川さんとのレッキの確認が終わり大竹さんのレッキの確認に混ざることに。

img_20161022_204634

ノンストップでレッキ2本目をする大竹さん。
しかもスイスイッっとリズム良くノートの確認をしていく。

ふと頭によぎる、以前話を聞いた全日本ラリードライバーのレッキの様子。
全日本ラリードライバーのレッキはノンストップで確認をする。
しかもかなりハイペースで確認をし、ハンドル舵角の確認等を行う。
まさにその姿がここにあった……!

北村はすっかり忘れていた。。。
大竹さんは、全日本ドライバーだと……!
それに前回のラリーで大竹さんは総合優勝をしている…!(TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジカップ併催2016 ラリー in 安芸高田)

焦る北村、、、焦燥の渦に巻き込まれていく…。

北村「……大竹さん、レッキのペース速いですね、、、。本当に初めてのノート作りなんですか…?」
大竹さん「ホンマに初めてやって…。ボクはシロートなんやから」
北村「(絶対嘘だ…笑)」
・・・・・・
・・・・
・・

大竹さんとやいのやいのと揉め、北村は大竹さんの認識を改める。

北村「……このタヌキっ!(ノД`)」
大竹さん「タヌキってなんやねんwww(* >∀<)」

北村は大竹さんのただならぬラリーセンスに感動と感激を覚えました。
同時に、とても緊張してしまいました。。。


北村「(大竹さん、明日は負けませんよ…!」

緊張で焦る北村、車を無事に走らせることも重要だが、明日はそうは言っていられないかもしれない……!
その後大竹さんとGRBでコンビニに行き、足回りの良さにさらに感動する北村。
荷重のかかり方や動きが助手席に乗っててもわかる。。。
これは凄い…。
ますます混乱する北村。。。

大竹さん「ボク、シロートやから」

そんなこと言われながら、やいのやいのと騒ぎ夜が更けていきました。。。
緊張して布団に入り、いよいよ本番当日に…!

ここまでがレッキ編です笑
次回本番編、またお時間ある時に読んでください。

ではではバイバイ。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>