第37回神大ラリーinかんなべ参戦報告(北村・古川)組(準備編)

こんにちは。
北村信と申します。
初めましての方は初めまして。
お久しぶりの方はお久しぶりです!

今年からNET Racing Rally Teamの一員として活動させて頂いています。
私は2014年から愛知へ就職のため引っ越しておりまして、それ以前は北海道のしがない学生でした。
そんな中、なぜ西尾監督とお知り合いになれたかと言いますと、北海道に住んでいた頃に学生ラリーを行っていまして、そこで渡辺潤さんとお知り合いになりました。愛知に移り住んだ後に、自分の当時乗っていたGC8(?)の調子が悪くなり、潤さんのご紹介で西尾ガレージをご紹介頂きました。
そこで大変お世話になり、全日本のサービス等で西尾監督の所へお邪魔しに行ったりしておりました。
当時は全日本のエントラントの皆様が走行中の時に西尾監督の所へお邪魔しに行き、エントラントの皆様がサービスで帰ってきた時には北村がいなくなっているという状況が何回かありまして、西尾監督が「信くんがきてたんやで」という話をしても、エントラントの皆様は「信くんって、だれ?」みたいな状況があったらしいです笑
そんなこともあり、自分のGC8を乗り換えようと思った所で、西尾監督に相談したところ、ニシオガレージ製のGDBをお譲りくださることに。
その時に実は目頭が熱くなってしまったことは内緒です。。。笑

そんなこんなで憧れのGDB(しかも西尾ガレージ製!)に乗ることになりまして、私の中部でのラリー活動が始まりました!

GDBに乗り始めた時に、GC8との剛性やトラクションの違いに驚きました。
何もかもが次元が異なっていました。
挙動の一つ一つが手に取る様にわかりました。やりたいことができる車というのを初めて乗りました。
車の運転が楽しくて仕方がなかったです。

2015年に中部地方戦、長野県戦、近畿地方戦の3戦に出場しました。
その時に見つけた課題を冬に北海道へ帰省した際に猛特訓し、中部に帰ってからも雪を探しに徹夜で群馬県に練習に行ったり(その時はさすがに監督に「しぬで」と言われました笑)しました。

2016年シーズンの計画を練ろうと画策してた際に、一本の電話が北村の運命を変えることに…!

茨城へ徹夜で車を走らせ横嶋さんと合流。
色々あり、横嶋さんのGDBをお譲り頂くことに…!
以前まで乗っていた北村のGDBとは全く違うレスポンス。。。
まずは慣れるところから…!
そして始まる北村の2016年…!

とはならず、乗り換えて早々家出する4速。。。
そんな、、、これから仲良くなっていこうよって時に、「あなたとはやっていけません!」みたいな、、、orz
ガードが外れて引きずるような音がしました。。
ビックリしました(◎_◎;)

後日、4速と仲直りしてNET Racing Team皆様とタカタサーキット&ダートラ場に!
そこで北村は衝撃的な人物とお会いすることに…!
西尾ガレージで何回か見たことがある白いGRB、しかしドライバーとはお会いしたことはなかった。
その持ち主である、大竹大先生!
タカタサーキットで初めてお会いしました。
北村は徹夜でタカタサーキットに行きヘロヘロだったので1日目のサーキットではあまりお話しすることができませんでした。
次の日のダートラ場で大竹さんとお話ししたり、GRBの横に乗らせて頂いたりしました。
全日本ダートラ選手と車の速さにただただ舌を巻くばかり…!
初めて体感する走りを経験することができたとても貴重な時間でした!
大竹さんありがとうございました!

しかしその会合が後に北村を追い詰めることになるとは、当時の北村は思いもよらなかった。。。

若狭ラリーで大竹さんと再会し、その次の日の朝の会話で、

生田さん「スッ…(`・ω・´;)」
北村「笑
   納豆ありがとうございます(*´∇`)」
大竹さん「ボクのも食べてええで( ̄ω ̄)」
西尾さん「えっ?!大竹くん納豆食べへんの?」
大竹さん「納豆とか(ピーーーーーーー(規制)—–)じゃないですか、ボクは食べられへんのですよ、西尾さんも食べへんのですよね?」
西尾さん「それがね大竹くん、納豆美味しいんやで」
大竹さん「ぇえええええっ?!!」
・・・・・・・
・・・・
・・

みたいな会話が続き、若狭ラリー2日目が過ぎました(詳細は生田さんの若狭ラリー参戦報告にて)。

時は過ぎ、生田さんと中村さんと練習にご一緒させて頂き、徐々に車に慣れてきました。
モントレー前にはだいぶ運転に慣れてきてました。

モントレーのサービスの合間でまったりしてると、一緒に来てくださっていた古川さんとの会話で、

古川さん「そういえば信くん、今年の神大ラリーはグラベルらしいよ」
北村「えっ?!どんな道ですか?(0゜・∀・)ワクワク」
古川さん「昔キャッスルラリーで使われてた神鍋のグラベルらしいですよ」
西尾さん「神鍋って、たしか11月に蟹が解禁になるんよね、、、ええやん信ちゃん、サービスしちゃるき蟹買うてや(-ω-)」
古川さん「たしか神大ラリーは10月ですよ」
西尾さん・北村「あかんやん笑」
・・・・・・
・・・・
・・

西尾監督と生田さんにサービスを、古川さんにコドラをお願いすることができ、北村も目標ができたので、準備を始めることに…!

ここまで読んでくださった皆様、「まだ準備が始まってないのかよ!」とお思いでしょう。
すいません、これから準備です笑

本番はグラベルがあるということで、グラベルの練習に…!
実はそこでトラブルがあり、車を入院することになってしまいました。。。

北村「(ダメだ、、、神大ラリー諦めよう…)」
生田さんにメッセージを送る。
北村「(北村が)今シーズン終了のお知らせ」
生田さん「ダメ( ・ω・)」
北村「え”っ?!」
・・・・・・
・・・・
・・

生田さんに、「せっかく練習してきたのに、今年出ないのはもったいないなぁ~と、……(以下北村への発破)」と背中を押して頂きました。。。
諦めようと思っていたのですが、生田さんのお言葉、お気遣いがとても嬉しかったです…!
お金が…、なんて言っている場合じゃないです…!(ゴゴゴ…)
すぐに西尾監督に連絡し、

北村「西尾さん!僕やっぱり頑張って神大ラリーでます!」
西尾さん「うん、そうしぃや。それに大竹くんも出るみたいやし」
北村「え”っ?!」

西尾監督は僕が出ることを見抜いていたのかもしれません。
今となってはわかりませんが…。
それよりも僕は大竹大先生が出場されることにビックリしてました。

そうなんです、大竹さんはTOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジカップ併催
2016 ラリー in 安芸高田でオーバーオールをとって優勝していました。
期待のラリーストなんです!(北村主観)
大竹さんが出場し、一緒に走れることもあり、神大ラリーがとてもとても楽しみになってきました!
そしてなんとなくですが、大竹さんとどこまで勝負できるかな?!というのにもすごく楽しみになっていました!

しかし北村はその時、楽しみの気持ちが反転し焦燥の渦に巻き込まれていくことになろうとは思いもしなかった……。

車は入院中だが、それでもできることがあると、タイヤの組み替えに西尾ガレージへ。

%e8%bb%bd%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e7%a9%8d%e3%81%bf

友達から軽トラを借りて持ってるタイヤから使えそうなタイヤを全部積み、西尾監督と相談し、本番で使うタイヤを準備しました。
この時に準備したタイヤは、235/45R17のZ2(ノーマル)と205/65R15の87RWでした。

次週車が退院し、その晩に古川さんとペースノート合わせに。
色々意見がぶつかり、とても充実した夜を過ごせました。
しかしその時、ワイパーが突然動きだし、ウォッシャー液が全開で出てくることに…!
その日は雨が降っていたので、フロントガラスに傷がつくこともなかったので良かったのですが、すぐにヤフオクでコンビネーションスイッチを落札、交換をしました。
その時はワイパーは動かなくなり、直ったと一安心しました。

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%a4 %e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81

さらに次週、全日本ラリーハイランドへ…。
生田さんの走りや考えを聞き、自分だったらどうするか?と感化され、だんだん神大ラリーが楽しみに…!
ハイランドの宿で神大OBの方とお話しする機会があり、道の状況を聞けました。
舗装区間も少し落ち葉や泥があるかもしれないとのこと。
ハイランド終了後、急きょ舗装用ラリータイヤとして215/65R15のA053を用意しました。
205/65R15の92Rも持っていたのですが、泥や落ち葉もありマッディーな路面ならブロックタイヤの方が良いと判断しました。

できることはやった。
車を入院させてしまい、その間は練習できなかったけど、それは自分のせい。
できることをやるだけ。
後悔をしないラリーにするために準備が完了しました…!
タイヤを積み込みいざ神大ラリーへ…!

gdb%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4

次回、「2016年第37回神大ラリーinかんなべ参戦報告(北村・古川)組(レッキ編)」
お時間ある時にまた読んでやってください!

ではではバイバイ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>